fc2ブログ
| Main | All |

なぜ今、生前贈与が注目されるのか?
Q1
平成27年1月から相続税が改正されて、課税される人が増えると聞きました。それに伴い、新聞等では生前贈与の対策を紹介している記事もあったりしますが、具体的にどのような改正内容なのでしょうか?

A1
平成27年1月以後に開始する相続から相続税の基礎控除が4割削減されます。課税対象の拡大に伴い、生前贈与で相続財産を減らしていく対策を検討する必要性が高まっていると思われます。

平成27年1月1日以後の相続税・贈与税改正の主な内容

(贈与税の改正)税率構造が見直し  ~親等からの贈与など一部が減税~
20歳以上の者が直径尊属(親・祖父母等)から贈与を受けた財産の贈与税率と、それ以外の贈与を受けた財産の贈与税率が区分されました。

(相続税の改正)基礎控除が4割削減 ~課税対象者が拡大!~
相続税は、正味の遺産額から「基礎控除額」を差し引いた残額に課税されます。
この「基礎控除額」が4割削減されます。

 改定前 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
                ↓
 改正後 3,000万円+600万円×法定相続人の数

スライド5 (400x300)

生前贈与で相続・贈与の合計納税額が少なくなるケースも! 

ケース:生前贈与を行った場合と行わなかった場合の比較
①相続人   子供2人
②相続財産  不動産(土地2か所・各2,500万円) 5,000万円 、預金5,000万円
※葬式費用が200万円(子供2人で折半)、その他債務等の控除はない。
※相続は法定相続分。

単位:万円
表6ページ (400x79)
※暦年贈与で10年にわたり200万円ずつ贈与、相続開始前(死亡前)3年以内に贈与は行っていない。
【注意】ここでは、わかりやすくするために、簡略化して計算しています。正確な試算をする場合は、会計事務所等の専門家の助言のもとで行ってください。 

足立会計のホームページ(相続税・贈与税の総額試算コーナー)には
「相続税・贈与税の総額試算コーナー」を設けております。ここでは、家族状況や所有財産と、将来贈与案を入力することにより、相続税・贈与税の総額を試算をすることができます。ご興味のある方は、当ホームページにて試算を行ってみましょう。



人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログへ


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
戸塚駅から一番近い税理士事務所
お気軽にご相談ください
税理士法人 足立会計事務所
〒244-0003  横浜市戸塚区戸塚町16-14 ベルハビル502
TEL 045-865-3081
URL http://www.tkcnf.com/office-mj
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
相続 | comment 0 | Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |