fc2ブログ
| Main | All |

【所長の独り言】
 「インボイス始まるで~、そろそろ気にしぃーや」 

4月下旬に参加した消費税研修会、
テーマは「軽減税率施行後の消費税実務と日本型インボイス制度」。
令和5年10月1日より導入される「適格請求書等保存制度(日本型インボイス制度)」の実務について学んできました。

今回の講師は大阪出身の税理士で、
冒頭の記載はその講師が最近お客様に積極的に投げかけている言葉なのです。
令和5年10月といえばまだ2年以上先のことですし、
私も少し甘く考えていたのですが、この秋よりその準備は始まります。

現行の消費税とインボイス制度の違いは何なのか?
一番の違いは適格請求書(請求書)に適格請求事業者の氏名又は名称及び
登録番号を必ず記載しないとといけないということです。
その登録番号の登録受付が令和3年10月1日に開始されるのです。
正確には「適格請求書発行事業者の登録申請書」の申請手続です。
具体的な受付期間は以下の通りとなっています。

図1

ただ、今現在も消費税の申告手続きを行っている事業者は特に焦る必要はありません。
税率も特に変わらないし、経理処理も今と同じで大丈夫。
ただ請求書に登録番号を記載するだけでいいからです。
一番検討が必要なのがこれまで消費税を支払っていなかった免税事業者です。

今回のインボイス制度の一番の肝は、
適格請求書発行事業者以外の事業者(免税事業者)からの仕入等については、
仕入税額控除が認められないということです。


どういう事かと言いますと、現在は免税事業者からの仕入についても
すべて課税仕入として処理されますが、
インボイス制度が始まるとその分の消費税の控除が認められなくなるのです。
誰でも納税額を少なくしたいですから、
控除できない免税事業者は排除される恐れがあります。
それを避けるには、免税事業者も適格請求書発行事業者にならないといけません。
つまり自ら課税事業者になって、消費税を納めないといけなくなります。
業種として気になるのは事務所や店舗並びに駐車場を賃貸している不動産貸付業の皆様です。
主に個人事業主の方が中心となると思いますので、
当事務所としても全面的にバックアップしていきます。

今後も情報発信を続けていきますので、このインボイス制度の
導入には十分に注意を払ってほしいと思います。

最後にコロナウィルス予防の件。
かれこれ1年にもなりますが、今しばらく辛抱です。頑張りましょう!!


所長 足立昌幸 (事務所だより5月号より)

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログへ


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-++-+
戸塚駅から一番近い税理士事務所
お気軽にご相談ください
税理士法人 足立会計事務所
〒244-0003  横浜市戸塚区戸塚町16-14 ベルハビル502
TEL 045-865-3081
URL http://www.tkcnf.com/office-mj
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-++-+
事務所のこと | comment 0 | Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?
| Main | All |